« 枕山の死 | トップページ | 荷風と鴎外そして枕山 »

2012年10月26日 (金)

永井荷風の「下谷叢話」

大正12年関東大震災の年、枕山の娘かねは麹町にある長女ひさの婚家、楠家に住まいしていました。泉鏡花の家から5,6軒の所です。10月には枕山の33回忌を迎える年です。

 この年7月23日、大沼家を継いだひさの長男正名(まさな)が心臓脚気で18才で亡くなり悲嘆に暮れるこの家に一通の手紙が届きました。差出人は永井荷風で、 近世詩人の伝記を調べ居り(略)、御先代枕山先生御生前の事に付御伺致度き事有之候とありました。

 荷風は8月22日の夜、楠家を訪れ、かねは問われるままに父枕山を思い出し、思い出し語ったのでした。

  荷風の日記(斷腸亭日乘)は大正12年の項に

八月廿九日。午前下谷竹町なる鷲津伯父を訪ひ舊事を聽く。毅堂枕山二先生事蹟考證の資料略取揃へ得たり。

 八月卅一日。終日考證物の資料を整理す。晩餐の後初て考證文の稿を起こす。深更に至り大雨。二百十日近ければ風雨を虞れて夢亦安からず。(中央公論社 荷風全集第十九巻)とあります。

 翌9月1日、関東大震災は起こったのです。

 幸い楠家は被害もなく、家族も無事でした。

 荷風の日記

十月八日。雨纔に歇む。午後下六番町楠氏方に隠居せる大沼嘉年刀自を訪ひ災前に借來りし大沼家過去帳を返璧す。刀自は枕山先生の女芳樹と號し詩を善くす。年六十三と云。この度の震災にも別條なく平生の如く立働きて居られたり。舊時の教育を受けたる婦人の性行は到底當今新婦人の及ぶべき所にあらず。暮雨瀟瀟。夜に入り風聲淅々たり。と記されています。

 そして鷲津毅堂大沼枕山二家の伝は「下谷のはなし」と題して、翌大正13年、雑誌『女性』に連載されました。

 この「下谷のはなし」は大正15年(1926)、春陽堂から「下谷叢話」と題して単行本で出版されました。

 それから昭和14年(1939)になって、荷風はその後寄せられた資料などをもとに手を加え「改定/下谷叢話」を冨山房から出版したのです。

 この冨山房版には枕山の肖像画が載りました。

|

« 枕山の死 | トップページ | 荷風と鴎外そして枕山 »

コメント

下谷叢話の中で、~門生桂林に示す。として、詠まれた漢詩が紹介されていますが、この桂林は私の高祖父にあたる人です。当時15才で、先生は30才くらいだったと思います。きっと先生の御指南で、詩集まで出させていただけたものと思われます。子孫として御礼申し上げます。

投稿: 中村 | 2015年6月14日 (日) 15時55分

突然失礼します。
永井荷風の『下谷叢話(第十)』を読んでいたら、「枕山絶句鈔」(天保12年の集)に「十一月十六日發結城赴關宿」となすものが2首あるようですが、どういう漢詩なのか、わかったら教えてください。
よろしくお願いします。

投稿: 関根 | 2017年1月25日 (水) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572870/55975505

この記事へのトラックバック一覧です: 永井荷風の「下谷叢話」:

« 枕山の死 | トップページ | 荷風と鴎外そして枕山 »