« 内田賢治氏編著「大沼枕山逸事集成」 | トップページ | 枕山先生は豆腐がお好き »

2015年2月21日 (土)

枕山が圓朝と綱引き

明治15年に「皇国雷名の諸君見立力競」と題し、当時の著名人300余人を集め、知名度や力量が拮抗するふたりを一組にして綱引きをさせるという面白い錦絵が出されました。それを見ると、枕山は最前列に描かれ、相対する相手は誰あろう三遊亭圓朝になっています。こうしたことから、この時代漢詩が決して一部の人たちのものでなく、広く親しまれていたことが分かります。

Photo_7

枕山と圓朝の隣りは徳川慶喜公で、さすがに慶喜公にひとりで対せる人はいなかったようで、16人と綱引きをしています。

Photo_8

|

« 内田賢治氏編著「大沼枕山逸事集成」 | トップページ | 枕山先生は豆腐がお好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内田賢治氏編著「大沼枕山逸事集成」 | トップページ | 枕山先生は豆腐がお好き »