« 2016年11月 | トップページ

2017年1月

2017年1月27日 (金)

枕山の父・大沼竹渓の墓  薬王寺

Photo

この写真は昭和59年(1984)5月の五月晴れの日、港区三田の薬王寺に母と妹と3人連れ立って、大沼家の墓参りをした折撮ったものです。大沼家代々の墓ですが、この2基の墓石は残念ながら今はもうありません。

 家紋(抱き茗荷)付きで大沼氏とあり、延享四丁卯年(1747)、宝暦五乙亥(1755)等刻されてあります。

 そして、それと向かい合うようにして枕山の父・大沼竹渓(ちっけい)の墓がありました。
Photo_3

  大沼竹渓の墓

 墓石には「仁譲院徳翁日照居士」とあり「文政十年丁亥十二月廿四日歿享年六十六  孝子 基祐 謹建」とあります。基祐は竹渓亡きあと大沼家を継いだ枕山の叔父にあたる次郎右衛門基祐で、大沼杉井(さんせい)を名乗りました。  この竹渓の墓は現在移され、薬王寺の墓所入口を入ったすぐ左手に安置されています。

 

 私たちがお参りした時には、竹渓の墓の横に、杉井の墓が並んでありましたが、今はありません。
Photo_4

    大沼杉井の墓

 永井荷風は大正12年(1923)8月24日ここを訪れています(日記)。そして『下谷叢話』には、わたくしは墓地一面に鳴きしきる蝉の声を聞きながら徐に六基の古墳を展した。とあり竹渓、杉井の墓誌が記録されています。

  杉井の碑の側面には「鳰なくやから崎の松志賀の花。槐陰。」となした発句が刻してある。とあります。

 私たちがそこに立った時荷風が展してから61年の年月が流れていました。 杉井の発句は摩滅してかろうじてそれかと思われ、ありあわせの紙に鉛筆で写し取ってみたのでした。

 そして今日、平成29年(2017)、荷風の訪れた年から94年の時を経ており、大沼家の墓は新しく建立され、古墳はそこには1基もなく、枕山の父・竹渓の墓石のみが寺で静かに時を刻んでいます。
Photo_5

薬王寺と竹渓の墓(現在)
Photo_6















枕山の墓は、谷中の瑞輪寺にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ