« 2017年1月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年8月

2017年8月28日 (月)

国会図書館に寄贈した書簡等

 我が家に遺っていた枕山宛ての書簡や、詩文稿、門人帳など266点を、一昨年国立国会図書館に寄贈させていただきました。個人で私蔵するより、広く研究などにお役立ていただいた方が良いと考えたからです。

 この度国会図書館の月報に、そのことが紹介されました。「大沼枕山・鶴林の関係資料」(準貴重資料)として、内訳は書簡226通、草稿等28枚3冊1綴、人名録3冊、出納簿1冊、引札1枚、封筒(書簡に付属しないもの)3枚です。

Photo_3

 

 枕山宛ての書簡は、菊池五山、釈梅痴、小野湖山、鱸松塘、杉浦梅潭、関雪江などの他、門人であった松平春嶽(大名、政治家)のものもあります。

松平春嶽の書簡

Dscf0377_3

 

 枕山の娘婿大沼鶴林宛ての書簡には、東久世通禧、品川弥二郎、西村茂樹、井上哲次郎、島田重礼、坪内逍遥、高橋泥舟などがあります。

品川弥二郎の書簡

Dscf0648

 

 そのほか鶴林の娘婿楠荘三郎に宛てた永井荷風の書簡もあります。

永井荷風の書簡

Photo_2

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

勝海舟と枕山

勝海舟と枕山は、維新の頃、枕山が「勝海舟を訪ひ、大いに時事を論じ、慷慨激昂、忌憚する所なし」と信夫恕軒の「大沼枕山伝」に書かれています。意気があった二人であったようです。

 

枕山が亡くなった時の報知簿が我が家に残されていて、そこに「勝安房」の名が記されています。

Photo

 

岡市葵区の屋に海舟ゆかりの宝寿院があります。孝行だった海舟が、母ために建てた隠居所ですが、母親は梅が好きだったということで、枕山の「梅花」の詩が遺っています。もとは襖に貼ってあったというその詩は、1974年に私が尋ねた時には剥がされて、別に保管されていました。左隣には柳田貞亮(正斎)の書が並べられていました。柳田貞亮は清水の「烈祖殿址之碑」や「東京詞」でも枕山の詩を書いている書家で、親しい間柄だったことが知れます。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

清水の「烈祖殿址之碑』

Image2_2

Image1_3

静岡市清水区岡町の下清水八幡宮境内に「烈祖殿址之碑」の石碑が建っています。これは駿府の家康(烈祖)のために、その息頼宣が清水に建てた「清水御殿」を偲んで、嘉永7年(1854)に建立された碑で、大沼厚(枕山)の撰が刻まれています。

江戸から遠く離れた地にある枕山の遺跡なので、私も以前から見たいと思っていた碑でしたが叶わずにいたところ、弟の友人で清水在の山本量正さんが「大沼厚」の名を見つけ、弟を通じて写真を送ってくださいました。

書は柳田貞亮(正斎)で、枕山の「東京詞」にも彼の書が見られます。枕山とは殊に親しかったことが知られます。

Image3_2

山本さんのお話では、この碑は金刀比羅神社のそばに建てられていたものを、昭和40年に隣接の八幡神社境内に移設したとの事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年11月 »