« 枕山の父・大沼竹渓の墓  薬王寺 | トップページ | 勝海舟と枕山 »

2017年8月22日 (火)

清水の「烈祖殿址之碑』

Image2_2

Image1_3

静岡市清水区岡町の下清水八幡宮境内に「烈祖殿址之碑」の石碑が建っています。これは駿府の家康(烈祖)のために、その息頼宣が清水に建てた「清水御殿」を偲んで、嘉永7年(1854)に建立された碑で、大沼厚(枕山)の撰が刻まれています。

江戸から遠く離れた地にある枕山の遺跡なので、私も以前から見たいと思っていた碑でしたが叶わずにいたところ、弟の友人で清水在の山本量正さんが「大沼厚」の名を見つけ、弟を通じて写真を送ってくださいました。

書は柳田貞亮(正斎)で、枕山の「東京詞」にも彼の書が見られます。枕山とは殊に親しかったことが知られます。

Image3_2

山本さんのお話では、この碑は金刀比羅神社のそばに建てられていたものを、昭和40年に隣接の八幡神社境内に移設したとの事でした。

|

« 枕山の父・大沼竹渓の墓  薬王寺 | トップページ | 勝海舟と枕山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572870/65697771

この記事へのトラックバック一覧です: 清水の「烈祖殿址之碑』:

« 枕山の父・大沼竹渓の墓  薬王寺 | トップページ | 勝海舟と枕山 »